前へ
次へ

インフルエンザの予防と手洗い

インフルエンザを予防する為には、うがいと手洗いすべきだと言われる事もよくあります。
その主な理由は病原菌です。
病原菌は、主に人が多い場所で繁殖している傾向があります。
ですから都会エリアなどは注意を要するでしょう。
都会は人が非常に多いですから、自然と病原菌も繁殖しやすくなってしまいます。
という事は都会エリアに行きますと、手に病原菌が付いている可能性があります。
それを自宅に持ち込んでしまいますと、感染してしまう可能性があるでしょう。
ですから外出は要注意です。
ですが幸いにも、病原菌は落とす事もできます。
手洗いを行っておけば、病原菌を除去する事は可能です。
特に冬の時期などは、手洗いを徹底する方が良いでしょう。
他のシーズンと比べると、冬はインフルエンザの菌も蔓延しやすいからです。
もしくは、玄関先などにスプレーを置いておくのも悪くありません。
玄関先に置けば、帰宅する度に消毒スプレーで滅菌できるからです。

Page Top