前へ
次へ

なぜ冬はインフルエンザに感染しやすくなるか

インフルエンザの主な原因は、ウイルスです。
ウィルスは冬に活躍しやすいと言われています。
夏の時期にもウィルス感染することはありますが、どちらかといえば風邪は冬に流行しやすいでしょう。
その主な原因は、ウィルスの浮遊です。
ウィルスによる感染を防ぎたいなら、あまり空気を感染させるべきではありません。
空気の湿度が低いと、ウィルスは空気中に浮きやすくなるからです。
逆に空気中の湿度が高いと、ウィルスは浮きづらくなりますから、感染確率も減少すると言われています。
そして冬の時期は、やはり空気は乾燥しやすいです。
日本の北側から冷気が流れ込んでくる都合上、どうしても空気が乾燥しやすくなります。
ウィルスが上の方に浮けば、それを体内に吸引しやすくなってしまいますから、インフルエンザになりやすくなる訳です。
それを考慮しますと、やはり加湿が大切です。
なるべく冬の時期には、加湿器なども使用する方が良いでしょう。
寒い時期は、乾燥対策は必要です。

Page Top