前へ
次へ

インフルエンザウイルスから体を守る

特定のところで予防接種を受けることによって、インフルエンザウイルスから体を守ることができます。

more

インフルエンザに気をつけましょう

定期的に流行する傾向があるインフルエンザウイルスは、割と危ないので油断せずに気をつけておいた方が良い

more

インフルエンザは風邪と多少症状が違う

冬になると発症率が高くなるインフルエンザは、風邪と勘違いしてしまう人もいます。
しかし、風邪と

more

インフルエンザの知識をもっておこう

インフルエンザはウイルスによって感染する急性ウイルス性感染症です。
このウイルスは空気中を漂っているために、容易に人から人へと感染しやすくなります。
この感染症は日本など温帯地域では主に冬場に流行しやすいことで知られていて、夏場などは湿気と熱に弱いのでほとんど感染することはありません。
しかしこれが熱帯地域へ行くとほぼ年中真夏ですが、年中関係なく感染する地域があるとされます。
ちなみに超寒冷地域でマイナス50度よりも寒いとウイルス自体が寒すぎて死滅するといわれ、ロシアのシベリアの一部地域とか北極や南極などだと感染しないともいわれます。
このインフルエンザのウイルスは今のところAからDまで4種類が知られています。
このうちDは近年になって把握されてきた種類ですが、これは牛などには感染するが、人間には感染しないといわれています。
Cは人間には感染しますが、その症状は低頻度で、感染したとしても軽度の症状で済むので、風邪程度にしか感じないとされます。
なお大人は免疫を持っているのでほとんど感染しないで、感染したとしても鼻水程度の症状で、対象者も抵抗力の弱い幼児や高齢者程度だといわれます。
インフルエンザで老若男女に問題視されるのはAとBの2種類です。
Aの特徴はウイルスの大きさが80から120nm程度ですが、人間以外にも豚や牛、鶏など様々な人間以外の動物も感染してしまいます。
それに対してBは今のところ人間だけしか感染していないといわれています。
症状の違い的にはBは下痢やおなかの痛みなどの形で表面化してきます。
それに対してAはBよりもはるかに重たい症状で、38度を超える高熱、関節や筋肉が痛くなる、呼吸困難、肺炎など様々な合併症を引き起こしやすいなどしてしまいます。
そしてそれのために死に至る場合もあります。

同愛会病院
内科や外科などの幅広い症状を診察し、それぞれの病気に対する適切な治療をいたします。

海外腎移植事情研究協会

機能的で素敵な口元を手に入れませんか?
名古屋市千種区のデンタルオフィス増田が矯正歯科治療で叶えます

札幌琴似の美容鍼灸院

名古屋北区で「健口(けんこう)」に力を尽くしている歯医者

なお近年では鳥や豚インフルエンザなどのように人間以外にも感染することが多くの人に知られていますが、大概の場合には鳥で大規模に感染したとしても、それ以外の人間や豚などの動物に感染することはほとんどありません。
言い換えれば人間同士で感染していたとしても、それ以外の豚や鳥や猫などの動物に感染することもありません。
ただこれらのウイルスは年々と鬱全変異のように進化していて、近年のウイルスの中には人間が開発してきた薬が効かない、耐性ウイルスの種類が増えてきているので、憂慮されるべき事項となっています。

Page Top