前へ
次へ

インフルエンザは風邪と多少症状が違う

冬になると発症率が高くなるインフルエンザは、風邪と勘違いしてしまう人もいます。
しかし、風邪と比較すると症状に多少違いがあり良く経過観察すると風邪だと間違わないです。
風邪の場合は、咳やくしゃみさらに発熱という症状がメインです。
ただ、これらの症状は重たくなる事が珍しく発熱も37度ぐらいの事が多いです。
しかし、インフルエンザの場合は、最初症状が軽い事がありますが急に症状が重たくなり寒気や倦怠感さらに関節痛などが起こる事もあり症状が風邪よりもかなりきついです。
つまり、急に高熱を出したり全身がだるくなるとインフルエンザの可能性が高くなるのですぐに病院に行くのがおすすめです。
症状が多少風邪と被っている事があるので風邪と誤解してしまう人もいますが両方の症状を正しく理解しておけば誤解する可能性も低くなります。
ただ、インフルエンザB型はあまり症状が起こらない事もあるので気付かずに生活してしまうこともあります。
つまり、流行時期になったら警戒心を強める事が大事です。

Page Top